スマート遮熱 「THB」

スマート遮熱とは、北海道で先駆けとなった、遮熱材「THB」(トップ・ヒート・バリアー)の、優れた輻射熱反射と低放射性能を正しく理解し、賢く活用する事です。

従来の断熱材では防げなかった輻射熱によるロスや、厚さの関係で施工できなかった場所などに、適切に遮熱材を施工する事で、建物の冷暖房費削減や、設備のエネルギー使用量削減など、大幅な省エネ・コスト削減に役立てることが出来ます。

 

遮熱とは

宇宙空間で、45分毎に +120℃、 -120℃の過酷な条件にさらされる

宇宙船や宇宙服は、断熱材では対応する事ができません。

そこで、熱をさえぎる(遮る)遮熱工法が採用され、民間に広まりました。

遮熱工法とは金属の高反射機能を利用し、輻射熱を反射するシステムで、

高純度アルミ圧延材料を使用した遮熱材 が THB です。

 

遮熱材THBは、高純度のアルミで輻射熱(放射熱)を反射するために開発

された材料です。 

物体から放出され、電磁波の形で移動する輻射熱をTHB 反射して、熱の

移動を抑制します。 

★輻射熱対策が重要なわけ

・輻射熱は-273℃以上の物質から放射される電磁波の一種 私たちの

 体からも放射されています

 解り易い例では、太陽光は宇宙空間(真空)や大気(空気)を暖めませんが、

 人や物に当たるとその分子構造を振動させ熱に変わります。

 水の分子を振動させて加熱する電子レンジと同じ原理です。

・熱は必ず高い方から→低い方に移動します。

 夏に太陽で高温となった屋根の熱は温度の低い室内へ移動

 その熱を冷やすために多くの冷房エネルギーが消費されます。

 冬暖房で暖められた室内の熱が温度の低い屋外に移動

 逃げた熱を補う為に多くの 暖房エネルギーが消費されます。

・輻射熱を受けると、屋根やコンクリートなどは熱くなります。空気を大量に含んだ

 断熱材も輻射熱で熱くなり、熱の移動を遅らせるためには相当な厚さが必要です。

 テレビ朝日 たけしのみんなの家庭の医学で、[新型熱中症]徹底解明&夜間熱中症

 として紹介されました。

 日中温められた建物の熱が、夜になって室内に放熱され、夜間に発生する熱中症が

 問題となっています。

・建物を通過する全熱量の約75%は輻射熱で、残り約25%は伝導熱と対流熱です。

従って、省エネや健康に大きな影響をもたらす、輻射熱をコントロールする事が重要です。

その輻射熱を98%反射する遮熱材 THB 、大幅な省エネに貢献できます。 

詳しくは、日本遮熱株式会社のURLを参照ください。

http://topheat.jp/thb/