液体ガラスとは

液体ガラスとは、TBSテレビの「夢の扉」で

株式会社ニッコーのコーティング剤を紹介する

時に使用された造語です。微粒子化したガラスの組成液に改良を加え、常温でガラスの性質を持つ液体にすることに成功しました。

この液体を各種基材(コンクリート、鉄、木、樹脂、ガラス、陶器等)に塗布することで、基材そのものにガラスの特性を持たせ、防水性、表面強度の増大、耐候性、紫外線劣化制御、耐汚染性、カビや菌類の繁殖抑制効果をもたらします。

メンテナンスフリーで高耐久性のため、抜群の経済性を誇ります。

液体ガラスは完全無機質であるため、ホルムアルデヒド、キシレン、ベンジン、トルエン、シンナー、鉛などの有害物質とは相いれません。

かた完全硬化後の被膜も無機質以外の物質を含みません。

科学的・生理的に安定しており、不活性で人体・動物など生命体に影響を与えません。

防水性及び表面強度の増大、耐候性が向上し、紫外線による劣化を制御、また水分の浸透を防止して、凍結融解サイクルによって発生するクラックを防止、耐汚染性、排気ガスやラッカスプレー等の落書きに対しても被膜と汚れの一体化がないため、洗浄が容易になります。

無機の基材に関しては、無機と無機の相性がよく、含侵にしても塗膜にしても、基材と一体化します、無機質で形成される液体ガラスは、カビや菌のエサとなる有機物が含まれていないため、カビや菌類の繁殖を抑制します。

生物汚染に対する効果も実証されています。

その実力は、建築家 隈研吾氏や大手ゼネコンにも認められ、日本各地で使われています。

 

エムシーラボでは、この「液体ガラス」を最大限に活用し、木造建築物の防炎や劣化防止塗装や、お風呂やサウナで10年使用できる木材やイスなどの商品化を行っています。

 詳しくはお問い合せ下さい。

甦る木材写真集.pdf
PDFファイル 14.2 MB