燃料活性触媒 「タンクタイガー」

燃料活性触媒「タンクタイガー」の特長

重油、灯油、ガソリン、軽油などの炭化水素系液体燃料を完全燃焼させる、活性化触媒「タンクタイガー」は、コスト削減・CO₂削減のお手伝いをします。

さまざまな業種での導入事例・実績を持つタンクタイガーシリーズの導入をぜひご検討ください。

トルク・馬力が上昇し、振動・ノイズが減少

タンクタイガーは燃料を完全燃焼させ、その燃焼反応を次々とスムーズに連鎖させていきます。燃え方がスムーズなため、トルクが上がりエンジンに生じる振動・ノイズが減少します。 

少量で効く
燃料比1/10,000の量で効果が出ます。家庭で利用する車なら、一ヶ月わずか10cc程度の量で100リットル分のガソリンにご利用いただけます。
投入後、速やかに効く
タンクタイガーは、燃料への投入後、速やかに反応を開始します。そのため、攪拌する必要はなく、すばやく効果を発揮します。
CO2、大気汚染物質の排出を大幅に削減

燃費向上に伴い燃料使用量が減り、結果CO2の削減に繋がります。また、タンクタイガーの触媒効果により燃料が完全燃焼するため、炭素分子等の不完全燃焼による大気汚染物質(CO, PM, NOx, SOx等)の排出を大幅に削減します。 

油系の溶剤は使っていないから、手も車体も、環境も汚さない
タンクタイガーリキッドの主成分はエタノール(アルコール)。油系の溶剤や皮膚や車体に害のある溶剤は使用していません。手や車体についたとしてもベトつくことはありません。地面に落ちても河に流れても、土壌、水質へのトラブルは発生しません。 

「タンクタイガー」導入メリット

タンクタイガーを導入すれば、直接的に燃料消費を抑制することから、目に見えて燃料コスト削減が可能なほか、CO2削減、スラッジの解消、CONOxSOxなど大気汚染物質の排出抑制など、とても多くのメリットがあります。

コスト(燃料費)削減 

CO2削減

●CO削減

・低空気比燃焼が可能なため、CO濃度を大幅に削減。

●NOxSOx削減

・低空気比燃焼が可能、窒素酸化物、硫黄酸化物発生を抑制。

燃料タンク、配管内のスラッジを解消

・スラッジを溶解し、燃焼させる。
・スラッジを解消することで、排ガス中のばいじん量を減少。

人体、環境への有害物質を含まない

・有害物質を含まないので環境を破壊しない。
・手や皮膚への有害物質も含まない。

取扱いが簡易・攪拌の必要がない

・燃料タンクの給油口から投入する手軽さ。
・燃料投入後、攪拌の必要がない。

詳しくは、株式会社エコアドバンスジャパンのURLを参照ください。

http://www.ecoadvancedjapan.co.jp/fuel/index.html