地球温暖化に伴う農業用ハウスの高温対策

近年、猛暑日が数日間連続するなどの異常気象が増えてきています。温度があまりにも上がりすぎると野菜が傷んでしまうため、農業用のビニールハウスは高温対策が必要です。こちらでは、どのような対策が有効なのかを紹介します。

高温が招く悪影響とは

高温が招く悪影響とは

ビニールハウスは温かい温度を保てるメリットがあるものの、逆に真夏のシーズンは40度以上になってしまうこともあり、その場合は野菜が生理障害を引き起こしてしまう可能性が出てきます。

必ずしも高温だけを好む野菜ばかりではありませんので、温度調節が必要となることもあります。

着花不良を起こさないためにも常に安定した気温を保つことが必要になりますが、換気扇や冷風機を設置するとなると非常にコストがかかってしまいます。

温度調整に必要なこととは

温度調整に必要なこととは

換気をよくすれば、それだけ外気との温度差が無くなり、熱風が滞留してしまうことはありません。

しかしその反面、害虫がビニールハウス内に侵入してしまう可能性もあるため、また別の問題が出てしまいます。そこで効果的な対策が、ビニールハウスの屋根部分に遮熱作用のあるシートを取り付ける方法です。

遮熱性のあるカバーを取り入れることで太陽熱をほどよくカットすることができれば、農業用ハウス内の温度上昇を防ぐことができます。これなら出入り口を大きく開けて換気せずに、温度調整が可能です。また、遮熱カバーを取り付けることで強度もアップします。

農業用ハウスの高温対策をお考えなら、冷暖房費削減にも役立つ遮熱材「トップヒートバリアー」の販売施工を行う北海道のエムシーラボにご相談ください。

北海道は農業が盛んな県ですが、農業用ハウスの冷暖房費削減・節約は多くの農家にとって大きな課題と言えるでしょう。

取り扱っている遮熱材は、低放射性能を正しく理解し活用することで輻射熱(放射熱)による熱移動を防ぎます。農業用ハウス内への過剰な光と熱をコントロールすることができるため、光熱費の大幅な削減はもちろん、生産性の向上や品質安定にもお役立ていただけます。

取り扱っている遮熱材は、農業用ハウスだけでなくご家庭にもおすすめです。冬の灯油にかかる金額やCO2の削減に役立ちますので、北海道で冷暖房費削減をお考えなら、エムシーラボにご相談ください。

北海道で冷暖房費削減にお悩みならエムシーラボ

サイト名 M.C.labo エムシーラボ
TEL 0138-65-7217
FAX 050-3383-2795
Email mclabo2017@gmail.com
URL https://mclabo.jimdo.com/